テニス市場 テニス面白商品せいぞろい


テニス上達グッズ
ウィニングショットシリーズ
海外直輸入ラケット
テニスアクセサリー
レディス&メンズウエア
テニス面白グッズ
コンサル商品
テニス市場オークション開催中

2005年12月16日

●背を伸ばすためには!

背を伸ばすためには!(睡眠)


寝ている間に背が伸びるともいえるほど、睡眠は大切です。
子供の成長にとって、非常に大切な「成長ホルモン」は昼間起きている
ときより、夜寝ているときの方が多く分泌されます。
睡眠初期の深い眠りの時期に分泌が多く、血液中の成長ホルモン濃度は
ピークに達します。
さらに、睡眠は、「骨休め」としても大切です。
昼間は上半身の体重がずっしりと下半身の骨にかかっています。
横になって寝ることで、縦方向の重力から解放し、骨を休めることになる
のです。成長ホルモンの分泌も、立っているときより横になっているとき
の方が高くなります。「背は、寝てる間に伸びる」といっても言い過ぎで
はありません・・

世界一睡眠不足な日本の子供
小学校高学年の睡眠時間の調査の結果、8時間未満が31%もいました。
世界の子供は9時間以上が半数以上・・・日本の子供たちが世界一睡眠不足
なのです。

その原因として日本は夜型の遊びが多いことも・・・TVやゲームがやめられ
ず。勉強の時間も遅くなり、結果的に寝る時間が減ってしまいます。

熟睡できる環境も大切
もうひとつ注意したいのは、寝る前の子供への接し方です!
怒られて興奮したり、光の刺激などがあると、熟睡できないものです。
寝るときは、部屋は暗くして、ゆったりと寝られるように工夫することが
大事です。

昼間の適度な運動は成長ホルモンは、眠りを誘い、成長ホルモンの分泌量も
増やしてくれます。
子供の成長を促すには、快適な睡眠がもっとも大切なのですから!!!

参考資料  子供の身長を伸ばすためにできること  額田 成書より








本館 れもんずカフェへ王子の背を伸ばすための栄養ドリンクです(*^^)

posted by ☆れもん at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ・身長を伸ばすために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

●身長は親の遺伝?

親からの遺伝だけでは決まりません!


子供の身長を決めるのは、遺伝だけではありません。親の影響も受けますが、
あくまでも「そうなりやすい体質」を受け継いだだけのこと。
「いかに成長を促す生活を送るか」という生活環境が大きく左右するのです。

◆目安となる子供の予測身長親の影響も受けるているので、
子供の最終身長を予測する方
男子   (父親の身長+母親の身長+13)÷2+ アルファー
女子   (父親の身長+母親の身長−13)÷2+ アルファー
が予測される身長でです。
ここから、どれだけ+アルファーを伸ばすかが大きなポイントです!
生活習慣によってはマイナスになることもあり、注意が必要なのです!

◆成長を促しやすい生活環境とは身長を伸ばすために一番必要なものは
、「成長ホルモン」です。
これは、脳の下にある「脳下垂体」というところから分泌されます
成長ホルモンが、肝臓などに働きかけ「ソマトメジンC」という別のホルモンを
つくり骨の成長を促します。そして、骨が成長し、伸びる!というしくみです。

身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌を多くすればよいのです!
栄養が不足してしまうと、骨に栄養がいきわたらずソマトメジンCが充分に
分泌されないために背がのびません。十分な骨に成長させるための
「適度な運動」も必要です。また、ストレスなどの負担は成長のさまたげと
なります。

牛乳を飲んでもそれだけでは
身長が伸びません
もちろん、骨にとってカルシウムは大切な栄養素。
牛乳はもっとも優れたカルシウム源
でも、一日に1ℓ以上などの過剰に牛乳を飲むと、満腹で食欲がなく
、肥満の原因になり背が伸び悩むことさえある。

◆背を伸ばすのに必要なのは実は、
タンパク質です。タンパク質は「骨や肉の材料」となります。
骨を作ります。骨をつくり、背を伸ばす働きを果たすのです。
また、骨の成長に不可欠な「成長ホルモン」の分泌を促す作用もあります

カルシウムは・・・「骨を強くする」栄養素。
つまり、骨を丈夫にするタンパク質と骨を丈夫にするカルシウムを十分に
とりいれてこそ、はじめて「健康的に背を伸ばす」ことになります

楽しんで食べた時と、ストレスを感じて食べたときでは、吸収率がちがう
「何を食べるか」よりも「いかに楽しく食べるか」がとても重要です。
双方で吸収量に大きな差があります。特に、カルシウムやタンパク質は、
リラックスして食べたほうが、効率よく吸収できます。
背を伸ばすためには、「楽しく食べる」ことが大切なのです。
参考資料   子供の身長を伸ばすためにできること  額田 成  書より

体作りは選手としての心構えとコーチより言われ、王子は、5年生から
食べることに対しては、意識して頑張ってきました。
6年生の頃は、「俺は、どうせ食べても伸びないんだ」とイライラしていた時も
ありましたが、中学1年生になった今、背が伸びだして「食べる」ことの
大切さを身にしみているのでがないでしょうか。。
だって・・・妹に言っています・・「おまえ!食べろ!残すな!」と。。
主人が173センチ、私は155センチぐらいです(><)
180センチをめざすよ〜と 無理かもしれませんが言い続けています(^m^)
整骨院の先生も言われました・・・・
筋肉は、食べることで出来るんです!と 食べることで、筋肉が修復されます!と
王子、頑張ろうね(*^^) 食べること! 背を伸ばそう! 筋肉をいたわろう!



本館 れもんずカフェへ王子の背を伸ばすための栄養サポートドリンクです(*^^)
posted by ☆れもん at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ・身長を伸ばすために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

●背が伸びるために!

背が伸びるためには!!


骨に直接影響するマグネシウム
タンパク質やカルシウムも背を伸ばすためには、必要ですが、
それだけでは、ありません!亜鉛やマグネシウムの重要性が
注目されています。少しの量ですが、なくてはならないミネラル・・・
これをきちんととらなければなりません!
亜鉛不足は、食品の味に鈍くなり、味覚障害にもつながります。
もう一つ不足しがちなマグネシウム・・・
マグネシウムは、カルシウムの吸収と代謝を調節します。
大切なのは、カルシウムと
マグネシウムの理想バランスは、★★2対1★★です!!

カルシウムだけとっていると、余分なカルシウムは、対外に排出されます。
その際に、マグネシウムも一緒に排出されます。
排出によって不足してしまったマグネシウムは、不足を補うために、
骨から血液中に溶け出しそのときに、カルシウムも一緒に、骨から溶け出します
つまり、カルシウムばかりとっていると、かえって骨のカルシウムが減ってしまう
奇妙な現象がおきます!
マグネシウムは、木綿豆腐 納豆 大豆 枝豆 干しひじき かつお 
ほうれん草
などに豊富にふくまれています!これらを、摂取するとカルシウムの
排出を防ぐことができます。バナナもマグネシウムが含まれており、
バナナを使ったジュースは、骨強化になるわけです。
そこで!手作りの栄養ドリンクが誕生しました。
今年になってはじめた栄養ドリンクは本館れもんずカフェとしてご紹介してます。



本館 れもんずカフェへ栄養サポートドリンクを載せています


posted by ☆れもん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ・身長を伸ばすために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。